ETC クレジットカード ポイント

ETC機能付きのクレジットカードとは?

土日祝日や、お盆などの一定期間に高速道路が一律1000円に伴って、ETC利用者が爆発的に増加しています。

 

私個人の意見としては、ETCカードを持っていない人にも割引をしてほしいというのが本音です。
中には、カードを作りたくても作れない人、ETC搭載機の不足によって設置できない人が多くいるのですから。

ETCカードの種類は二つあり、ETC専用カードと一体型ETCカードです。

 

ETC専用カードは、ETCシステムを利用するためだけのカードですが、一体型カードはクレジットカード機能を兼ね備えたカードです。

 

一体型ETCカードは、有料道路以外でも、普通のクレジットカードとして使うことができます。
利用できる場所は、発行しているクレジットカード会社によって異なります。

 

ETCカードは、クレジットカード会社が発行しているので、申込には審査があります。
すでにクレジットカードを持っている人なら、同じカード会社にETCカードを申し込んだ場合、一般的に問題なく発行されます。

 

新規に申し込む場合は、クレジットカードを申し込む際に、ETC機能をつけるかどうかを選ぶ欄がありますので、それに従ってください。

 

 

ここで、有料道路で使うとお得なETC機能付きクレジットカードをいくつかご紹介しておきますので、これから作ろうと思っている方は参考にしてください。

オリコカード QUICPay Codeは、通常のショッピングなどの利用では、1000円で1ポイントですが、ETC利用で2倍のポイントがたまってお得です。

 

 

NEXCO passカードは、通常のショッピングなどの利用では、200円で1ポイントですが、こちらもETC利用で2倍のポイントが貯まります。
しかも今なら、高速代やPA・SAで使える2000円分のポイントがもらえます。
付帯保険も充実しています。

 

 

JCBドライバーズプラスは、有料道路を頻繁に使うドライバーにお勧めのカードです。
ガソリン代をクレジットカードで支払った場合や、ETCカードの利用すればするほどポイントの還元率も大きくなり、かなりお得です。

 

 

上記に挙げたETC機能付きクレジットカード以外にも、ポイントがたまってお得なものがたくさんありますので、利用条件に合ったものを選ぶといいと思います。

クレジットカード関連情報